page_banner

製品

ステンレス導電レールロール成形機

サブウェイロール成形機。この生産ラインは、ステンレス鋼ストリップの巻き戻し、供給、レベリング、冷間曲げ、および切断の機能を自動的に完了することができます。


  • ユーチューブ
  • フェイスブック
  • ツイッター

製品の詳細

製品タグ

主な技術的パラメータ

プレート: ステンレス鋼 (XCr17、同時に 304 ステンレス鋼に適応する必要があります)

板厚 2~3mm
コイル内径 Φ508mm
コイル真直度 0.1~0.3mm/m
完成品の長さ 14.2m~18.2m
固定長精度 ±2mm
直線速度 2~6m/分
電源 380V±10%;50Hz
空気圧 0.5MPa

生産工程

巻き戻し → 送り、レベリング → 頭押し → 前ルーパー → 定尺送り → パンチング → 後ルーパー → 冷間曲げ成形 → 修正 → 切断 → 排出スタッキング

手動でステンレス鋼のコイルをアンコイラーに巻き上げ、装置を起動し、コイルを手動でレベラーに 1 つずつ送り込み、ライン全体で生産を開始します。巻き戻されたストリップは、最初にレベラーによってレベリングされ、次にパンチングマシンによってストリップに打ち抜かれ、刻印されます。次に、ロール成形ユニットで冷間曲げ成形され、成形ユニットの端でプロファイルの矯正が完了します。次に、プロファイルは切断機で一定の長さに切断され、材料は排出ラックから排出され、手作業で梱包され、吊り上げられて倉庫に運ばれます。

メインコンポーネント

主に、アンコイラー、矯正機、せん断突合せ溶接プラットフォーム、フロントルーパー、サーボフィーダー、パンチングパンチ、リアルーパー、ロールフォーミングユニット、カットトゥレングスマシン、排出ラックで構成されています。

アンコイラー

溶接フレーム、テンションシャフトシステム、モーター減速機ドライブ、プレスヘッド、ブレーキで構成されています。

プライマー、レベリングマシン

ショベルヘッド、矯正ヘッド、レベリング装置、駆動系などで構成されています。

せん断突合せ溶接プラットフォーム

せん断機、プレスヘッド、プレスプラットフォーム(銅製)で構成され、前後に調整可能なサイドローラーが付いています。

サーボフィーディング

サーボモーター駆動、ローラー送り

電気制御システム

PLC(シーメンス)制御

応用

地下鉄導電レール用ロール成形装置は、主に導電レールの製造に使用されます。主に都市鉄道輸送で使用されます。従来の導電性レールは、低炭素鋼材でできています。

アプリケーション図


ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください