page_banner

製品

収納棚ラックロール成形機

これは、収納ラックを製造するためのロール成形機であり、ロール成形機の生産ラインは、主にアンコイラー、レベラー、サーボ送り機、パンチングマシン、ロール成形機、切断機、および制御ユニットで構成されています。生産ラインには、高度な自動化、高効率、優れた安定性などの特徴があります。中国で多くのユーザーに利用され、高い評価を得ています。ロールフォーミング生産ラインは、さまざまなサイズの製品を自動的に生産することができます。機械にはタッチスクリーン付きのPLCシステムが装備されているため、機械はCAD図面を直接読み取ることができ、ユーザーフレンドリーです。


  • ユーチューブ
  • フェイスブック
  • ツイッター

製品の詳細

製品タグ

主な技術的パラメータ

構成 3T 手動アンコイラー (2 セット)、ロールフォーミング、電動モーター、金型切断、油圧ステーション、制御盤
制御システム 自動カラータッチスクリーンDelta ブランドの PLC インバーター
主電源 7.5キロワット
ポンプ力 4キロワット
電源 380V、三相、50Hz
成形速度 8~10m/分
ロールステーション 17ローラーステーション
シャフトの直径 57mm
送り厚さ 1.8mm
全体のサイズ 約7200×1200×1500mm
総重量 約3600KGS

生産工程

巻き戻し → レベリング → サーボ送り → 打ち抜き → ロール成形 → 切断 → 排出

メインコンポーネント

Uncoiler: ライン全体の速度に応じて材料コイルを自動的に解放します

サーボフィーディングマシン:パンチに必要な実際のステップ長に応じてシートを送ります

パンチングプレス:プレートに穴を開けるのに使用

ロールフォーミングマシン:必要な完成板形状のロールフォーミングプロセスを通じて、最終的な必要な界面形状を達成するために使用されます

切断機:成形されたワークピースを長さに切断することです

電気制御ユニット:ユニットにはPLCとタフスクリーンが装備されており、生産ライン全体を制御します。

油圧ステーション:パンチングマシンとカッティングマシンに電力を供給

ワークピースサンプル

応用

ロールフォーミング生産ラインは、倉庫および保管フレーム用の保管ラックを製造するために使用されます。



ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください